あのねTime’s

今日はこんな事ありました 。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

異端女

「いつか革命を起こしてくれる人が来てくれると待っていました。」
と、彼女は笑いながら言う。
「入ってきたよ、一人。オバさんやけど。」
と笑い合う。
ずーと、ずーと、ひたすら静かに耐え続けた10年、自然に身をかわす術を覚えたクノイチのような彼女。彼女に教わった術も数知れず。
拙者、この御恩忘れません。ニンニン。

 
スポンサーサイト

この親にして・・

 150kmの道のりを、孫たちのお迎えの為に、わざわざ門司から両親に来てもらいました。私も35歳のいい大人ですが、親が元気でいてくれる間は子どもで居れるんだなぁと、たまに甘えては思うのです。私は幸せだなー・・

 「鍵が無い」と探す私の姿に、失くさないアドバイスをくれた父が、その5分後に「携帯が無い」と探していました。
 私が出張先で腹痛にあえいでいた頃、母は・・・書けません。
 離れて暮らしていても、悲しいくらい親子です。 

せ、せんせい・・

 AM9時。JR山陰本線出雲市駅構内にて、教職員異動の紙面を目を皿のようにして見る私。
「よし、無い!あー、良かった。」
と、安心して出張先の病院へタクシーで向いました。智也の担任の先生の異動があれば花束の用意をする所でした。クラス役員なので。

 出張も無事終わり、帰りの特急まつかぜの車内でもう一度新聞を開きました。他の先生たちはどうかなぁ・・・と思いながら。
「・・・!!!!これって先生の名前じゃん。うそー」
冷汗・・。退職者の欄に違う苗字になった先生の名前がしっかり出ていました。結婚するって、前日に智也から聞いていたけど、まさか名前まで変わってるなんて気が付かなかった・・花束、どうしよう。
 混乱の中帰宅後、数人のクラスのお母さん方から電話を頂いていた事が判明。みなさん、気が付いて私に連絡を下さったようです。しかも、しっかりしたお母様方のお陰で先生へ花束をお渡しして下さったとか・・ありがとうございました。本当にありがとうございました。

 こんな日に限って益田に不在。最後まで役立たずの役員でした。

出来るのなら、結婚後また大阪で先生を続けて欲しいと願います。
智也の真っ赤になった目尻を見ると、やっぱりいい先生だったんだなぁと思う母です。たくさんの生徒を泣かしてさぁ。
 先生、末永くお幸せに!!
 

第一関門突破

 昼休み、昨日ブログにUPした文面を科長に出張届けと共に提出。その場で怒るかと思いましたが、意外と好反応。他部署への閲覧も許可頂き、早速配って回りました。
 案の定、夕方には「出張から帰ってから配布しても良かったですね。」と言い出した。ふふっ、やっぱり。その手には乗りませんよ。
 
 帰り際、買ったばかりのトレンチコートを着た私に、
「その服は年代を感じさせますね。」
と、またもやセクハラ発言の科長。私をオバサン扱いしてそんなに楽しいか。早速、明日の茶会ネタにしてやろう。

私の思い、伝わらなくとも・・

今現在の研修期間で出来るようになった業務
   <胃カメラ> *内視鏡検査装置の準備と片付け。
          *カメラの準備と洗浄。
          *カメラの基本構造とレンズ、送気・送水、吸引のチェック。
          *処置のない検査の介助。
          *色素散布の目的、種類、方法の理解。(インジゴ液を作る)
          *組織生検の方法の理解。バイオプシーの介助。ラベル書き。
          *ヘリコバクター・ピロリ検査の介助。
          *被検者の呼び込み、体位の説明。背中を摩るなどの介助。

  <大腸カメラ> *内視鏡検査装置の準備と片付け。
          *カメラの準備と洗浄。
          *カメラの基本構造とレンズ、送気・送水、吸引のチェック。
          *CFで必要な用具、ポリペクトミーの準備。
          *透視を使える準備。
          *ベットに防水シートを貼り、患者衣を準備。
          *検査を理解し、被検者に説明できる。
          *被検者の不安を和らげる為の声掛け、
痛みを軽減する為お腹を押さえるなどの介助。
          *色素散布の準備。
          *ポリペクトミー後の組織生検の固定。ラベル書き。
          
  <エコー>   *被検者の呼び入れ、ベットへ寝かせるなどの検査前の準備。
          *機械の電源、プローウを変える、患者データーの入力。
          *検査Dr.への連絡。「患者さんの準備が出来ました。」
          *検査後、プローブを拭き、次の準備。
          *病棟へ披検者の呼び出し。外来からのカルテの受け取り。


  <事務>    *内視鏡台帳を書き、ファイリング。パソコンに入力。
          *腹部エコー台帳を書き、写真を所見用紙に貼り保存。パソコン入力。
          *内視鏡、エコー、透視の予約を受け付け、パソコン入力。
          *内視鏡検査で使う用具、処置具の発注。
          *事務用品、使用薬品の発注。
          *心エコー台帳を書き、ファイリング。写真を袋に入れ保存。
          *内視鏡フィルム現像の発注。
          *医事伝票の記入。

  <PEG>   *PEGの処置、種類の理解。
          *処置時のワイヤーを掴む介助、カメラの受け渡し。
          *患者さんの口腔内の消毒。(ルゴール)
          *タオルの準備。
          *患者さんがベットから落ちないように支えるなどの介助。

  <ERCP>  *透視室のセッテング。
*カメラの準備、洗浄と見学のみ。(件数が少ない為)

                                      以上

内視鏡室が検査技師だけになった場合の問題点

*カルテを読み、使用薬剤の理解がすぐに出来ない。(検査技師業務では無い)
*薬剤注射、投与が出来ない。(法律上)
*点滴を介しても薬剤投与、注入など出来ない。(法律上)
*清潔操作が出来ない。(検査技師業務では無い) 
*検査技師1人付くだけの検査では処置が出来ない。患者転倒等の事故に繋がる。
*検査技師はむやみに患者さんを触ってはいけない。(法律上)
*患者さんの介助は出来ても、介護はしてはいけない。(法律上)
*研修期間が短く、経験できていない検査、処置が多い。
*緊急呼び出し時、カメラの準備は出来るが処置の対応は出来ない。(未経験)
*検査技師1人の専属では検査件数を減らす事になる。(今までは専属の看護師Yさんと検査補助の看護師が付いて検査を円滑に進めていました。4月からは検査技師1人、手が開いていたらサポートで生理検査担当技師がもう1人付きますが他の検査中であれば無理です。注射などの処置の度に外来に電話をし、その都度看護師に来て頂く事になります。外来も看護師不足で検査中に付いて頂ける保証がありません。)
*透視には入れない。(人員確保出来ません)

1ヶ月の研修期間を終え、勉強しながら現状の厳しさと検査技師では対応できない事の多さに戸惑いを感じています。法律違反は医療事故、免許剥奪に繋がります。出来ませんのでご了承下さい。
矢冨さんが病棟へ上がられた後、内視鏡に詳しい方が誰もいなくなります。短い研修期間で必死に勉強をさせて頂いていますが、検査技師では看護師の代わりが出来ない業務も多々あります。医療事故を起こさない為にも、早急に策を考えて頂ければと思います。また、4月より検査に付く看護師が常時いなくなる為、スムーズに検査が進まなくなる状況をご理解下さい。
3月24日には出雲市の県立中央病院へ研修に行きます。検査技師が行っている内視鏡業務の知識を習得し自信に繋がればと思います。検査機器も新しくなり、さらなる検査の質の向上を目指しています。その為には円滑な業務が行える看護師の確保を望みます。
今の時点(1ヶ月の研修期間)での現状と、検査技師がどの程度内視鏡業務が出来るのかを理解して頂く為、不躾ではありますが書面にさせて頂きました。ご理解の上4月からの検査を進めて頂き、ご指導頂ければと思っております。
検査技師として全力を尽くしますのでよろしくお願いします。
【“私の思い、伝わらなくとも・・”の続きを読む】

あしたはお休み

 科長のお父さんの葬儀に参列したり、仕事を覚える為に子連れで病院に勉強に行ったり、土日は全然休めませんでした。なまちゃんの誕生日はしっかりお祝いしましたけど。
 明日は寝るぞー

検査のお仕事

 昨日より検査室内の業務の勉強中。4月より早朝採血や土曜日の検体集配などの当番にも入ります。させてもらえる検査技師の仕事は積極的に取り組んで行きたいと思っています。どんなに無理をしようとも。
 しかし、担当は内視鏡なので少々複雑。検査室の人たちも内視鏡室で何をやっているのかわからない分、苦労が伝わらないのもあり働いても評価されにくい立場。いろんな問題を抱えている部署の為、病院中から「かわいそう、大変よね、頑張って」のエールを頂き、それを励みに頑張っています。
 検査室の中の仕事なんてちょろいぜ。井の中の蛙には分かるまい。それよか、早く私を内視鏡室に戻して。4月までに覚える事が山ほどあるっつーの。看護師さんがいなくなる前に。

さいあくぅっ(愚痴)

 科長にこっぴどく絞られました。
「いいですよ。」
と、言ったから病棟の検査に行ったのに、検査室に戻ってきたら、
「あなたのようなタイプは初めてです。
じっとしていないというか、集中できていないと言うか。」
と、怒りのこもった嫌味を言われてしまいました。

 内視鏡の勉強も途中なのに、3月中に検査室の事を覚えて欲しいとの事。検査室に呼び戻され今日は生化学を任されました。任されたといっても、担当の人がいない状況なので、機械の使い方も聞きづらく、ゆっくりと間違えないようにやっていました。それが気に食わなかったらしい。いつの間にか科長がするようになり、引っ掻き回され訳分からない状況になってしまい、生化学の場所から追いやられるハメに。そう、持ち場から追いやられても離れてはいけなかった。後悔だわー。挙句の果てには「あなたもいい年なんだから」を連発する。いい年だけど、経験年数少ないですから・・本当にバカなんだから許して下さいっ。ずっと内視鏡の勉強してたから頭の中切り替わらないし。

 明日から検査室でもマスクをして仕事をしよう。
しゃべらなくて済むので。落ち着きの無いのは十分承知なので、生化学のところから動かないようにしようっと。
「全然、気にする事無い。ちゃんとやってるから。」
って、検査科の人たちも声を掛けてくれる・・みんなこうやってジメジメといじめられてきたらしいので。ヒドイ科長もいたもんだ。でも、前の技師長に比べれば・・・絶えられる(笑)
 愚痴ったら元気が出たぞ。明日も頑張ろうっと。

逆走

 健介の保育園でマラソン大会がありました。みんな元気に走る姿になぜか涙腺の緩む私でした。
 「健くん、頑張れ~!!」
旗を振って健介を応援しました。20人中、10番目ぐらいを金ちゃん走りのようにふざけて私の前を通り過ぎた健介。周りのお母さんたちも爆笑です。ヤレヤレ、通り過ぎた・・・と、思っていたら。
「健ちゃーん、戻ってきてー、こっちよー」
と、叫ぶ先生の声。
「ええっ??」
遠方に後姿の消えたはずの健介が、走って私の方へ向かって来ていました。
「ママをちょっと見に帰って来た。」
お、お前。分かってないなぁ。こけてくやしくて泣いている子もいるのにさぁ。
「そんなんえーけ、あっちに走らんかね!なんしよるんよ!」
 結果、最下位。ベロ出し白目顔でゴールした健介でした。

 それより何より、完走出来たことに驚いた両親でした。
ビバ!モヤシッコス。

脱力

 金曜日の夕方。あー、無事に一週間終わったなーって、ホッとします。こんな時、大好きな誰かと語らい美味しいものでも食べながら飲みながら過ごせたら、どんなにか楽しいだろうと思うけど・・・大抵子どもと3人。ポケモンのDVDを見たりしています。ま、これはこれで脱力。いい気分です。

腕時計

 4月から新しく病院に入る睡眠時無呼吸検査装置の説明に、フクダ電子の人たちが来ました。取り付けも大変ですが、解析にも時間が掛かりそう。でもでも、面白そうです。トップtoトップ(業界用語)で頑張ります。フクダの営業マン、ロレックスしていました。給料いいのかしら。
 それにしても、雇ったばかりの女に内視鏡室をまかせ、新しい機械を使わせるなんて・・大丈夫なのか、この病院。どう考えてもコキ使われています。使われついでにいろいろ覚えてやろうと思います。

あおくんときいろちゃん

 グラントワ小ホールにて観劇。先ほど帰ってきました。子どもたちと3人並んで見ようと思ったのに、お友達のところに行ってしまいました。もう、ママベッタリは卒業です。ううっ、寂しい。でも、オペラ劇のお陰で頭がほぐれました♪私も歌いたいっ。

あま~い

 みんな不満もあって大変そうだけど、前の病院より断然マシだよ。なんとかなるいね。

頭の中

 仕事の夢を見るようになりました。頭の中、内視鏡の事でいっぱいのようです。ちょっとリセットしようと、お菓子を作りました。なんだか明日から、また頑張れそうです。

初めての半休

 今日は智也の参観日。働き始めて初めての半日休を頂きました。今のところ、子どもたちが元気に頑張ってくれているのでお休みも無く頑張って来れました。まだ1ヶ月だけどね。
 久し振りにお母様方に会えて嬉しかったなぁ。智也も元気に授業を受けていました。
「この後、懇談会はどの教室であるん?」って授業中に私に聞かないでね、智也くん。周りのお母さんたち、笑ってました。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。