あのねTime’s

今日はこんな事ありました 。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

扶養は不要

正職員として働き出して9ヶ月。今回の旦那さんの会社の書類手続きで扶養から外れる事になりました。そう。その分の扶養手当を返却しなくてはいけない。
来月のお給料から引かれるそうです。なんと一度に!でも・・
引かれる金額の低さに夫婦で驚いた次第。(安心した次第)
扶養手当って・・・何。
旦那さん、夜中の2時過ぎまでこき使われてかわいそう。

手当ては要りませんから休ませて下さい。

スポンサーサイト

散髪

昨日、久しぶりに美容院に行きました。
とても苦手な場所です。何歳になっても。
家に帰って前髪をカットし直す私がいます。気に食わない。
そして、智也の髪の毛もついでに切りました。

明日からの仕事の予約を考えると気の重い夜です。
どこに誰の検査を入れても、予約を組み替えて、組み替えても、
どうやっても枠にはまりません。
残業決定かぁ。
看護師さん、放射線技師さん、先生方、明日は気合いでお願いします。

父派・母派

智也はパパにくっつくのが好き。
健介はママにくっつくのが好き。

結局、今日の智也の学校行事もパパが行く事に。
子供たちの意向により。

文句の多い女

明日の親子活動、私が行くのぉ?!
えー、きつい。
去年も一昨年もはワシが行った?
うん、知っちょる、知っちょる、覚えとるっちゃ。
じゃあ、健介とお留守番係よ。
別にいいんかね、そーかね。
ちゃんと面倒見てよぉ。
うんちしたらお尻拭かんないけんのよ。
やった事あるか、そーか。
学校まで歩くのきついなぁ。
まぁ、智也と遊ぶのは楽しいけど。
学校行ったら病気になりそうやけど。
なまやんも喉痛いん?
どっちね、右側ね?あー、私は左っちゃ。
もー、わかった。
私が行くけん、ええよ。
即断即決、男らしいね私。
うるさいって?
健介の入院中は静かで良かったって?
そうやろうね、智也と二人やもん。
だって音が立たんよね。
ゲームとパソコンの音しか。
あっ、今日エンタ見て寝よう。
もう一週間経ったんかぁ。
最近時間が経つのが早いっちゃねぇ~
なんで着替えよるん?
スロット?
最近調子悪い?
あー、さっきの電話か、仕事?
気をつけてねー、いってらっしゃーい。
蛾踏んだよ、ほら、わっ、わっ、気持ち悪っ
じゃぁ、いってらっしゃーい。

さぁ、部屋の掃除しよう!

夏空

今日の空は山陰のそれとは違い、明るいブルーだった。
入道雲も出ていたらしい。
「今日はカリフォルニアのような空の色だったなぁ」
と、旦那が言っていた。

行ったことないくせに。

あきらめた

今年はグラントワに立ちません。
歌いたくないんじゃ。
疲れがピークです。
ただ、参加費3500円が惜しまれます。


命の選択肢

「PEGってなんだ?!」
前の職場では耳にしたことも目にしたことも無かった。

 口から食べ物を摂取出来ない人の為にお腹の外側から胃に穴を開け、チューブ(PEG)を通してそこから栄養を流し込む。直接胃に栄養が入るので、延命する事が可能になる。
 PEGにはいろんな種類やサイズがあり、その準備も私の大切な仕事の一つ。お腹にチューブの入った患者さんにもたくさん会ってきた。9割以上が意思の疎通が出来ない方ばかり。高齢の方が殆どだが、事故で脳を損傷し神経不随になった若い患者さんもいる。身体障害者施設や老人ホームの入所者もPEG交換にやってくる。長くて6ヶ月で交換するものなので「お元気でしたか」と、再会する患者さんも増えてきた。ツヤツヤした元気そうな、でも会話も出来ない動けない患者さんに私は独り言のように声を掛ける。

 意識がもうろうとした患者。食べ物を口から取ることも出来ず、点滴だけでは痩せ行くばかり。家族は医師から説明を受ける。
「PEGを作りませんか?」
 90代なら老衰だ。延命・・寿命・・延命・・寿命・・
痩せ行く親を見たくない、少しでも生きていて欲しい、もし栄養が入れば少しでも元気を取り戻してくれるかも知れない。

 内視鏡を使い、ものの10分でPEGは造設できる。お腹にチューブの無かった人間にチューブが入る瞬間を毎日のように目にしている。目にした多くの人がその後どうなったかは次回の交換まで私は知ることが出来ない。
 
 家族の同意があるものの、果たしてPEGを作ってあの患者は幸せだったろうか。と、思うことがある。もう充分に生きたのだからお腹に穴を開け、チューブなんか入れて欲しくなかったかも、とか。本人の意思がないのだから選択は家族にゆだねられるしかない。

 PEG造設は楽ではない。痛みを伴う。患者さんの恨みに満ちた瞳や(そう見えてしまう)涙が辛い。患者の顔を拭きながら、ごめんね、ごめんね、と心の中でつぶやいている私がいる。

気になること

気になること、気になること。
10代の私・・音楽、男の子、進路
気になること、気になること。
20代の私・・ファッション、映画、結婚
気になること、気になること。
30代の私・・家族、お金、健康

職場の45年トリオが揃うと話題は「健康」で盛り上がる。
何が血圧にいいとか、コレステロールが下がって血液サラサラだとか、腰痛体操だとか・・・何歳やあんたらといわれそうだが、昭和45年生まれの私たちは環境汚染・食品添加物の純粋培養。一番日本が汚れた時代の子供たちだった。だからこそ、弱いのではと話の結論が出る。まあ、ヒトは確実に弱っていると思う。

明治生まれの日本人のパワーにはかなわない。
ストレートに言うと、体が「頑丈だぜ。」精神も「頑丈だぜ。」
「根性出せよ。」の幕開けはどうやら大正生まれから。
「元気出せよ。」の昭和につながり、
「何考えてんだ。」の平成へと・・

三日連続で職員検診を行っている我が病院。自分たちが打ち出した自分自身の検査結果の数値でますます話はマニアックにエキサイト。
検査技師は、めったにないような血液の病気などを勉強してきた為、検査結果の数値だけで不治の病だと思い込む悪い癖がある。
私も多分病気です。ヤバイ感じがします。

元気出せよ、同世代!と、ヒトを元気付けるのは簡単だったり。

デジカメ

ちょっと前、デジカメを買いました。
一眼レフのゴツイやつ。
でも、写真をブログに取り込めません。
なんだか、何かが大きすぎるから、らしい。
残念ですね。

テンテ子

当番だった。呼び出されて血液の検査をする。
たまに検査技師の仕事に戻るのも慣れてきた。
相変わらずつまらない仕事だなぁと感じた。
今日は忙しかった。そして疲れた。
もう来ないで、救急車。私を呼ばないで。

パソコンに向かう

 パソコンがしばらく壊れていました。
パソコンが復活しても向かう時間がなかなか作れず、
モバイルの世界に浸っていました。←時間あるじゃん

 健介がまた入院したりで相変わらずの秋を迎えています。
 答えなくちゃいけない返事も出しそびれた手紙も私の手の中で赤茶けてしまいました。
 こんな心ここにあらずな私でも、母親だと世間から思われているから不思議です。
 私は現実逃避しながら歳をかさねている生き物です。
 

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。