あのねTime’s

今日はこんな事ありました 。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初体験

 胃腸の調子がガクンと悪くなりました。
「やってみない?鼻カメラ」
と、外科の先生が練習代を探している事もあって、思い切ってやってみました。鼻カメラ初体験です。

利点 嘔吐がつきにくい
   検査中、先生と会話が出来る
   
問題点 前処置に時間が掛かり、鼻の奥が痛い
    鼻のアレルギーや鼻腔の弱い人はカメラが通りにくかったり、    出血したりする
    喉を通過する時に嘔吐がある(胃カメラほどではない)
    スクリーニングにしか使用できない
    

 おほんっ。自分や一緒に仕事をしている看護師が偽善者に思えてきました。こんなに苦痛な検査を、「大丈夫ですよ、力を抜いて楽にして下さい」とか、ニコニコ笑顔で検査の説明したり・・麻酔薬一つにしても、苦く、痺れる苦痛と、胃の動きを弱める注射でもうろうとし、検査を受ける側は不愉快でしかたない。
 胃カメラの経験はあり、苦痛なのは分かっていたが、今回の検査で改めて患者さんの気持ちに寄り添えるようになった気がする。
 前処置の改良や背部マッサージなど、患者さんの立場に立った対応をしなくてはと痛感した。
 
 そして、胃には異常がなく、夕方から発熱し、風邪だと言う事が判明した。体が疲れている。 
スポンサーサイト

コメント

人体実験

コメントをどうぞ

知恵熱?

ジェンナーに、なるなよ。でも貴重な経験ですね。実践の無い理論を机上理論といって小田原氏の滅亡が有名、小田原評定だったかな。実践を大事にするため私は歩いているし、車が嫌いなわけ、お大事に。

訂正

北条氏だったよ、城跡に遊び、ライオンさん、象さんにお話をした記憶のある小田原城。

君子危うきに近寄らず

その後いかが、山口は河多き自然、この時期、君子危うきに近づかせてはいけませんよ。

えー、その後。ご飯がまだまともに食べられません。夏前に夏バテ。いつものパターンです。

  • 2006/06/17(土) 01:33:48 |
  • URL |
  • ちせ #-
  • [ 編集 ]

健全な精神は健康な身体に宿ります

人生には、岐路・・・わかれみちあり左か右か。どちらを選んでもまっとうな軌道を知る凡人にとっては、やがて同じ路、気づけば、これほど容易い人生はなし。「執着や迷い」はこの軌道を外れることもある。新たな分かれ路を又作ってしまうからね、単純に思考するが良いのよ。
byちゅん

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tomo2ken8.blog46.fc2.com/tb.php/166-fbb98315
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。