あのねTime’s

今日はこんな事ありました 。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

扶養は不要

正職員として働き出して9ヶ月。今回の旦那さんの会社の書類手続きで扶養から外れる事になりました。そう。その分の扶養手当を返却しなくてはいけない。
来月のお給料から引かれるそうです。なんと一度に!でも・・
引かれる金額の低さに夫婦で驚いた次第。(安心した次第)
扶養手当って・・・何。
旦那さん、夜中の2時過ぎまでこき使われてかわいそう。

手当ては要りませんから休ませて下さい。

スポンサーサイト

コメント

税畑は経験に乏しい。
手当て(加算)は加入している健康保険グループの規定に基つく。所得が141万を越えると(扶養の必要を否定されるのか)配偶者控除も認められなくなる。住民税は98万、所得税は103万以上の所得のある人に課せられる。当時の記憶ではこんなとこか・・・。この法を逃れて意識的に納税義務から逃れる主婦やフリーターからも税を徴収しようと、政府は所得の下限を大幅に引き下げようと企んでいるんだよ~ン。小泉政権中に配偶者特別控除制度も小渕政権で恒久的にと決定された優遇税制とかも切捨てられ、年金制度や健康保険制度等々改悪が続いたんだよ。高齢化が進むなら人為で淘汰する世が生じてしまった、人の寿命も自然に淘汰されるべきなのに。不良公務員や教職員をマスコミと共に煽って結局は労働者の低所得階層を堅持させている、大切な急務には手をつけず・・・。「選挙の一票は大事だよ~」

配偶者特別控除も・・・なので。暮らしにくい世の中。選挙、真面目に行ってます。

  • 2006/11/04(土) 09:00:52 |
  • URL |
  • ちせ #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tomo2ken8.blog46.fc2.com/tb.php/192-a93799da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。