あのねTime’s

今日はこんな事ありました 。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

検査技師、コワイ。~健の社会見学~

早出は家を5時50分頃に出ます。
朝ごはんの用意、子供たちの制服や持ち物に抜かりがないかだけチェックしてこっそり出勤。後はパパにお任せです。
今朝は早出。でも、いつも熟睡しているはずの健介がむっくり起きてしまいました。連日のシンバルの練習がイヤで保育園に行きたくないと泣き出す始末。なだめても付いて行くと聞きません。

「あー、もう。間に合わんくなるけん取りあえず一緒に行こうや。」
「健君ねぇ、今日はママの病院さんの保育園にする。我慢できる。」
「でもね、朝早いけ、開いちょらんかも知れんのんよ。行ってみんとわからんけ。一人で休憩室で待てる?怖いやろ。どーしよっか。もう。」
「いつもの保育園いやだ。健君待てるよ。平気。」←不安そう

健介の細い手を引っ張りながら出勤すると、案の定保育園は締まっていました。今朝は24時間保育の日ではなかったようです。先生が出勤されたらすぐに一日保育のお願いに行かなくちゃ。気持ちは焦りつつ、検査室の機械を立ち上げ採血の準備。
健介は白衣の私を見た事はありますが、働いているところは見せたことがありませんでした。
「健、待っちょく?付いておいで。健は大人しく出来るけ、大丈夫。」
「大人しくする。」
「よし。」
手をつないで病棟へ上がった。子連れ採血なんて・・凹む。

病棟の夜勤の看護師さんは以前の内視鏡担当の人だった。ラッキー!
「子びとちゃん、休憩室でお菓子食べよきんちゃい。」←看護師Yさん天使のささやき。感謝感謝。

休憩室のドアを開けると机の上にお菓子の山。健介の目がキラキラッと輝いた。
「うん。健君ここで待っとくね!」
「よし。じゃあ、お母さん働いてくるけ。」

寝起きを襲われる患者たち。ごめんなさい、こんな早くから痛い事、私もしたくないんやけど。とか思いながら次々と仕事を消化。

「ママ、おじいちゃんに針刺したら痛いよ。」

突然声を掛けられ、振り向いたら健介がカーテンの陰に立っていました。採血を済ませ、慌てて病室を出る親子。
「なんで!ウロウロしたらダメやろ。」
「だってチョコビ全部たべたんやもん。ママ、怖いことしたらダメやん。日赤みたいなことせんでよ。健君にもせんでよ。」
「だってこれがママのお仕事なんよ。ちょっと血を採らせてもらって元気になったか調べるんよ。かわいそうやけど仕方ないんよ。」
「健君検査技師怖いけキライ。」
「実はママもキライなんよ。同じやねぇ」
声を殺して二人で笑い合う。

無事、早朝採血を終え、健介は病院の保育園に元気に吸い込まれた。

「健君はね、病院さんの仕事は怖いけね、おいしい野菜を売るお店になるようにする。体にいいんよ、野菜は。」

これはこの日の帰りの車の中での健介の言葉。おかしなことを突然言う5歳。野菜ソムリエでも目指すのか?

「それでね、キヌヤで働いてもいい?」
「いいよぉ。健介はやっぱりすごいね。ママ嬉しいな。」

あー、おもしろい。おもしろい次男。産んで良かった。
スポンサーサイト

コメント

お久しぶりです。うちの三男も最近,登園拒否気味です。先日も心の病から休んでしまいました。この年頃の子供は,こんな子が多いのでしょうか。
健君,シンバルだったんですね。探したけど,よくわかりませんでした。それにしても,健君の保育園の鼓笛はすごいですね。本格的でびっくりしました。すごく,上手でした。ちなみに,うちの子はタンバリンをやりました。

  • 2006/11/04(土) 22:19:20 |
  • URL |
  • ふじみち #-
  • [ 編集 ]

おちゃめな三男くんのタンバリン姿発見!
すっかり保育園児になって、イキイキとした姿。お兄ちゃんになったなぁと勝手に感動おばさんでした。みちさんを発見できませんでした。残念!
いつの日か赤ちゃん(姫君)を拝ませて下さい。
健は智也よりかなり幼稚らしくて。いちいちつっかかって来ます。体も弱いし。最悪ですが、それなりに成長をしているので長い目で付き合っていこうかと・・お互い体力いりますねぇ。力抜いて行こうやぁ

  • 2006/11/05(日) 00:02:12 |
  • URL |
  • ちせ #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tomo2ken8.blog46.fc2.com/tb.php/194-2fac7eb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。