あのねTime’s

今日はこんな事ありました 。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お正月

1月4日は仕事始めだった。
1月4日から胃カメラする患者さんたち。
年末、ギリギリで退院出来た人も検査に来た。

「よいお正月でしたか?」
「ぜんぜん。食べ物に制限があろう。やれんかった。」

声をかけた事に後悔した。病気なのにいいお正月だったわけない。
病気を抱えたまま、心配しながら年末年始を過ごした方もたくさんいるだろう。
数年前の母の病気を思い出した。イヤな年明けだった。

私、今年はいいお正月でした。
1日の朝から働いてはいましたが・・
両方の実家に甘えて来る事が出来たので。

スポンサーサイト

コメント

声掛けの「大切さ」

おこんばんは、患者は「患者様」とよぶことですです。後悔するとの反省の「声掛け」は、それが自分への愚痴でなければ、大切なことです。鬱症状の患者様でない限りその内容が是でも非でも、相手にとっては温かいものです。Pt(patient)がたとえ「ひね」ては見せても、また自身反省は必要であっても、〔【それでいいのよ】・・・「死の医学への序章柳田邦男・ひたすら患者の手を握って〈いい病院とは〉より」〕に尽きるかな~。人間は実に頑強に思えて脆い者なのです。会話のない意志の疎通もない医療行為は、治る病気も悪化させますからにゃん。そういえば今日はしゃーろっく・ホームズの誕生日、いやいやインホームド・コンセントだっけね?

明日から激務の始まりです。
正月太りを解消するにはもってこいか?!

  • 2007/01/08(月) 17:28:52 |
  • URL |
  • ちせ #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tomo2ken8.blog46.fc2.com/tb.php/205-b866568d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。