あのねTime’s

今日はこんな事ありました 。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おじさん怖い

北九州育ちの私は、「怖いおじさん」をたくさん見て育った。私が一番怖いのは、訳も無く切れて、周りに怒鳴り散らしたり、暴力を振るうタイプ。以前働いていた病院にも何人かそういうタイプの患者さんが来た。訳も無く因縁を吹っ掛けて来て、酷く醜い言葉を浴びせかけ、相手を脅す。心が病んでいるとしか思えないようなおじさん達。
 今日、久し振りにそんなおじさんと出会った。しかも彼は、健診で訪れた私立高校の先生だった。
「血圧が高いようですので、眼底写真を撮るようになりますが、」
と、若い保健婦が声を掛けた。その何でもない言葉に、彼は切れた。
「わしは急いどるんじゃ!!そんなもんせんわ!!」
「分かりました。では学校の保健の先生と相談して・・
「うるさい!検査すればいいんじゃろーが!」
この時点で、会場内はシーンと静まり返り、「また始まった」と言うよな他の先生の目線が伺えた。外部の人が来ると、こんな風に悪態を付くらしい彼。それにしても、そんな人を先生にして置くのはおかしい。
 眼底写真のところで大声で怒鳴った後、心電図にも来た。「いらんこと、のこのこと来やがって!さっさと帰れ!」と、面と向かって言われた。検査すると、脈拍が130。かなり興奮していた。そのまま興奮して、ぶっ倒れる日も近いかもしれない。

 「したくないなら健診受けんやったらいいのに!」と、後で保健婦さんがぼやいていた。採血のところでは、針が怖いのか静かになり、診察の先生の前では、笑い声が聞こえていた。豹変振りがまた怖い。弱者には強がる情けないおじさん。きっと、悪い生徒にイジメられて、ストレスのやり場がないんだろうなぁと予想できる風体だった。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。